任意整理とは一般には負債の整理と呼ばれていて、それぞれ債権を持つものに返金を行っていくことを前置きとした借金を整理する手順です。実際の手続きでは、司法書士それから債務処理経験のある弁護士債権者と債務者との間に立って相談し合い、法に従い適切な利息計算を行い新たに計算した借りたお金の元金の年利を減らすことにより36か月程度の時間で返済していく債務整理計画です。この手続きの場合には警察のような国の機関が管理しないのでこれとは異なる方策と比べても、手続きを取った場合の不利な点が一番小さく処理は問題になることがないので、まず比較する必要があるモデルになります。それから、貸方が街金といったとても高額な借入金利であるなら、法が許す金利などに追加して振り込んだ借入金利については借りたお金の元金に充てるとして借入元金そのものを少なくしてしまうことも不可能ではありません。ですので、ヤミ金に類するとても高い借入利息のところへ長い期間返済し続けている場合には期待以上の額をカットすることができる場合もあり、10年以上続けて返済し続けているケースでは負債自体がクリアーになるような場合もあります。借金の整理の良いところについてですが破産手続きと違い特定のお金だけを整理することになりますので、保証人が付いている負債額を別として検討する場合や住宅ローンを除いて検討したい際等も申請することが可能になりますし、財産を放棄することが求められていないため、貴金属や土地などの自分名義の資産を持っていて、処分してしまいたくない場合にも有力な選択肢になる借金整理の方法となっています。いっぽうで、手順を踏んだ後の返済額と実際に可能な収入額を比較検討して、返済の計画が立つようである場合はこの手続きを進めることに問題ありませんが、破産手続きとは違って返済義務が消えてしまうのではありませんので、負債の合計が多い状況の場合任意整理にての選択肢を選ぶのは困難になるといえるでしょう。