日刊紙の広告、繁華街にある宣伝やダイレクトメールで「借金の整理整頓手伝います」「借金を一本化したいと思ったら」という売り言葉を見ることがよくあります。そういったものは、「整頓屋」「買取業者」「つなぎ屋」という名称の業者の嘘広告の場合もあります。それらを使用した際には破産申請の中で最も大切な免責承認を手に入れられなくなる可能性もあります。「整理業者」ではダイレクトメールなどで多重債務者を集め、高い代金を要求して負債整理をするのですが整頓は行われないで、負債人は借金スパイラルに堕ちてしまうときがほぼすべてと考えてください。「買取業者」は、借金者のクレジットで家電製品、何らかのチケットなどを多量に仕入れさせ買った品目を売値の3割や額面半額で購入するという手段です。負債人は一時的には金が懐に入りますが、まもなくカード企業による商品の定価の督促が届き、現実には債務額を悪化させることになってしまいます。カード業者相手の犯罪行為として免責を手に入れられなくなります。「紹介業者」の場合人気の金融業者から拒絶された負債者について、業者としては貸出は全くせずに、貸出を受けられる業者を呼び出し、高い経費をもらう企業です。紹介屋は直接のつなぎでお金を貸し出しできたというように話しますが実際には何もしておらず、種は簡単で規程のゆるめの店を説明しているということなのです。この場合も結局は負債額を増加させる結果に終わります。