そもそも、自己破産を申請するまでの時間は債務者個人への電話使用の取り立てと負債のある当人の住所への訪問での集金は法律違反にはならないということになっています。それから、破産申請の手続きに進んで以降、申し込みまでに長い時間が費やされた際には債権保持者は無理矢理な返済要求をしてくるリスクが上昇します。債権人サイドからすると債権の払込もせずにかつ破産などの公的な手続きもされないという状況であると組織内部で対処をなすことが不可能だからです。債権保有者の過激派は専門の人間に助けを求めていないと気づいたなら、厳しい返済要求行為に出る人もいます。司法書士事務所や弁護士の人に依頼した場合には、債権保持人は借金した人に対して直接回収を続行することができません。依頼を把握した司法書士法人もしくは弁護士事務所は要請を請け負ったという意味の通達を各権利者に送付し、それぞれの債権者がその書類をもらった時点から取立人による乱暴な返済要求から逃れられることになります。ここで、勤務先や父母宅へ訪問する返済請求は法のルールで禁止となっています。貸金業の登録が確認できる企業であれば実家へ訪れての返済請求は貸金業法に違反するのを気づいているので法に反していると言えば、法外な集金を続けることはないと言っていいでしょう。破産に関しての申し立ての後は申請人に向けた徴集を入れて、ありとあらゆる返済要求行為は禁止になりますから、業者からの収金はまったく消えるということです。しかし違反と分かっているのに訪問してくる取り立て業者もないとは断定できません。貸金業の登録済みの企業ならば破産の申請の後の返済請求が貸金業法規制法の条項に抵触しているのを知っているので、違反であると伝えれば、取り立てを続けることはないと思います。ただ、法外金融と言われている未登録の取り立て業者についての場合はこの限りではなく、過激な返済請求などによる被害が増加し続けているのが現状です。法外金融が取り立て業者の中にいるかもしれない場合はどんな理由があれ弁護士の人または司法書士の方などの法律家に依頼するようにするといいでしょう。