自己破産の申し立てまでは裁判への持ち込みという類の法の要求は許されます。それから破産に関する手順に進んで以降、申請までに無駄な手数があった場合では債権人によって裁判を起こされるリスクがアップします。債権保持者側としては債務の返金もすることなく、そのうえ自己破産などの公的な対応もなされないといった状況であればグループの中で処理をやることができないからです。結局のところ、裁判の結果どういう判定が下されるにしても破産についての本人に借りた額を払う財力はないということです。債権人もそれは認識の上で、裁判といった示威行為で、上手に和解に進めて完済させるなり借金者の両親や一族に返金してもらうことなどを考えている状況もあったりします。(補)平成17年からに改正の破産法のもと自己破産の申し立てをしたら差し押さえなどといった法律の手続きの場合、効果をなくすことになるわけです。従前の破産法の際とは違って訴訟の提起などということをやっても無駄になる可能性が高いから、現実に訴訟行為をしようとする取り立て業者はほぼすべてなくなると思われます。そういう文脈でも、西暦2005年の1月1日に改正となって自己破産は従前以上に使いやすくなったと思われます。督促のときにおいては、支払督促というのは裁判所が債務人に直接、借金の返金を行いなさいという要求です。普通の審議をする際とは違い独善的な意見を聞きながら進めるため通常の審理のように時間と裁判料が高くならないのでよくとる法的手段です。裁判所の督促の手続きがあった場合、裁判所から書類が配達されることになり、その文書が送られてきてから14日間が経過した場合、取り立て屋は債務人の私財(給与債権などを対象とする)に対し差押え行為が実行可能になるのです。支払督促に対し異議の申し立てをなすことができるときは普通な法廷闘争に様変わりすることになると思います。通常の争いは時間がかかりがちですから、免責まで判決が出ない可能性が高くなることに注意です。